各種契約書(システム開発委託基本契約書、秘密保持契約書、工事請負契約書など)の作成・リーガルチェック及び著作物に係る登録申請もサポートします。

契約は、契約書を締結していなくても「口約束」でも契約は成立します。口約束では契約内容の証拠がないため、トラブルが起きて不利になる可能性もあります。契約書を作成し、契約内容を書面に残すことでお互いのトラブルを防止できます。

また、契約書は内容については最低限の記載事項があれば原則自由に作成することができます。 契約書が公序良俗違反等に該当する場合などは契約書自体が無効となります。 そのようなことが起きないようよう法的な確認も含め実用的な契約書の作成します。また、自分側が有利になるような契約やトラブルの際に不利にならない契約書を作成することが重要であり、不安な場合にはぜひ当事務所へご相談ください。

依頼するメリット

  • リスクを軽減し、トラブル発生を予防できる
  • 一方的で不利な条件とならない契約書にできる
  • 公正証書など煩雑な手続きも対応できる

取扱サービス

料金表

参照

その他

贈与契約書、定款の作成・認証、離婚協議書の作成などについても対応可能です、お気軽にご相談ください。


関連記事

特定行政書士
不許可に納得いかない!不服申立てしたいNew!!
DNA鑑定
DNA鑑定で解決できる問題
IT契約書
IT関連の契約書について
工事請負契約書の注意点
リフォーム工事請負契約書における注意点
クーリングオフ
クーリング・オフに関する注意点
遺産分割協議書
遺産分割協議書における注意点
内容証明とは
内容証明郵便とは?
著作権登録
著作権の登録について
贈与契約書
贈与する場合の非課税枠と贈与契約書の必要性について