法人所在証明書を取得する

車庫証明や自動車登録において、営業所など使用の本拠の位置(車を使う所)と申請者住所(本店所在地など)が異なる場合は、使用の本拠の位置の所在証明の書類を添付する必要があります。

  • 主な所在証明の書類
    • ガス・電気などの公共料金の領収書(使用の本拠の位置の住所と氏名・名称が記載されていなければいけない)
    • 登記事項証明書本(支店は登記されている場合もあるが、営業所は登記されていない場合が多い)
    • 消印付き郵便物(管轄によって対応がことなるので、証拠書類になるか事前に要確認)
    • 市区町村が発行する所在証明書(交付していない所もあります)
    • 納税証明書(所在証明書の代わりに納税証明書を交付する市区町村もあります)

納税証明書の交付のやり方(仙台市の場合)

必要書類

書式備考
納税交付申請書WORD / PDF記載例
委任状WORD / PDF押印が必要
  • 納税交付申請書
    • 法人市民税を取得します(事業年度がわからなければ、窓口で最新のものと伝える)
    • 法人は代表者印が必須です
    • 記載例にはないが、住所には本社と使用の本拠の位置(営業所など)の2つの住所を記載する
  • 委任状
    • 委任者には納税交付申請書と同一記載と押印が必要

交付手順

  1. 市区町村の税証明担当課の窓口へ必要書類を提出(郵送でも申請可能です)
  2. 納税証明書に本店と支店等の名称・所在地を併記して証明してほしいと伝える
  3. 本人確認書類を提示
  4. 手数料を納付

参考